新型ウイルス感染症拡大下、社会的・経済的困窮により日常生活が失われたひとり親家庭などからフードバンクに対する支援の要請が急増しました。
そこで、当会では県内フードバンクの連携を基盤に、県域のひとり親家庭に食品や衛生用品の緊急支援を実施するため『新型コロナ緊急対策 子どもの未来応援プロジェクト』を2020年4月に発表し、同年5月より開始しました。
食を通して子どもの命や育ちを支えるとともに、頼り先が少ないひとり親家庭の親子にあんしんをお届けします。

2021年8月現在、県域で5,000世帯を超えるひとり親家庭の皆さまからご利用いただいております。食品の受け取りを希望する方、活動継続支援のため食品や志金を提供してくださる方は、以下のボタンからお進みください。